温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]由布院温泉

由布岳(標高1583m)の山麓、標高400mに位置する由布院温泉。
由布院町と湯平村が合併した湯布院町にあるので湯布院温泉と表記されることもある。
「ゆふ」の名は奈良時代の頃から使われ、多くの文人墨客が訪れたことでも知られる。

泉質:単純泉ほか
泉温:41〜98度
効能:リウマチ、神経痛、皮膚病、消化器病、疾患など

問い合わせ先:由布院温泉観光案内所 0977-84-2446

湯布院スカイホテル
由布院温泉 湯布院スカイホテル
料金プラン&空室を確認する

ゆふいん山水館
由布院温泉 ゆふいん山水館
料金プラン&空室を確認する

ゆふいんホテル秀峰館
由布院温泉 ゆふいんホテル秀峰館
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大分県

[温泉三昧]別府温泉

日本一の湧出量を誇る別府温泉郷の中心、別府温泉。
歴史は古く、奈良時代の編纂の「豊後風土記」に赤湯泉(血ノ池地獄)や玖倍理湯の井(鉄輪温泉付近)などと書かれ、「伊予国風土記」にも速見の湯との記載がある。
熱海と並び称される大歓楽温泉街で、近代的な大型ホテルから老舗旅館、こぢんまりした民宿まで宿もさまざまに選べる。
気軽に入れる共同浴場も数多くあり、なかでも明治12年に開業した「竹瓦温泉」は木造入母屋造り2階建てで、重厚な唐破風造の玄関を持つ温泉建築と砂湯が有名。

泉質:放射能泉以外の10種類(全市で)
泉温:源泉によって異なる(源泉は全市で2800以上)
効能:神経痛、腰痛、リウマチ、高血圧、動脈硬化、糖尿病、皮膚病、やけど、切り傷、婦人病、疲労回復など

問い合わせ先:別府市観光協会 0977-24-2828

ホテルニューツルタ
別府温泉 ホテルニューツルタ
料金プラン&空室を確認する

亀の井ホテル
別府温泉 亀の井ホテル
料金プラン&空室を確認する

シーサイドホテル美松
別府温泉 シーサイドホテル美松
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大分県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。