温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]犬鳴山温泉

大阪と和歌山の県境に位置する犬鳴山の麓に湧く温泉。
この温泉には、南北朝の昔、戦いに敗れた楠正成率いる兵士が傷を治すために入ったという伝説も残されている。毎年、秋の紅葉シーズンには色鮮やかな自然美を求め、数多くの観光客が足を運ぶ。

泉質:純重曹泉
泉温:16〜20度
効能:神経痛、リウマチ、胃腸病

問い合わせ先:泉佐野観光協会 072-463-1212

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。