温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]名栗温泉

名栗温泉は、鎌倉時代に、湯でけがを治している鹿を見つけた猟師によって発見されたという歴史ある温泉。
宿は、大正時代創業という一軒宿の大松閣のみ。創業当時には、名栗渓谷の自然美を愛した歌人若山牧水が夫人とともに度々投宿し、多くの文人も訪れている。

泉質:低張性アルカリ性冷鉱泉
泉温:17度
効能:神経痛、胃腸病、切り傷

問い合わせ先:飯能市名栗地区観光担当 TEL:042-979-1515

大松閣
名栗温泉 大松閣 新館(朝日ツーリスト提供)
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。