温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]花巻温泉

東北を代表する温泉地、花巻温泉郷の中心地といえる花巻温泉。花巻市北西の台地にあり、宮沢賢治ゆかりの温泉として知られている。もともとは遊園地として開発された温泉観光地で東北随一のバラ園、「ローズ&ハーブガーデン」や宮沢賢治が設計した花壇など見どころもたっぷり。

泉質:単純温泉、塩化物泉
泉温:73度
効能:冷え性、神経痛、疲労回復

問い合わせ先:花巻観光案内所 0198-24-1931

【主な宿泊施設】

ホテル花巻
みちのくの和の醍醐味と旅の楽しさを満喫できる宿です。
花巻温泉 ホテル花巻
料金プラン&空室を確認する

ホテル千秋閣
のびやかな空間の中に広がる和と洋の調和が魅力の宿です。
花巻温泉 ホテル千秋閣
料金プラン&空室を確認する

佳松園
南部赤松に囲まれ贅沢な自然の薫りを満喫できる宿です。
花巻温泉 佳松園
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(2) | 岩手県

[温泉三昧]八幡平温泉郷

岩手山の北麓に位置する温泉で、ブナやアオモリトドマツの樹海に囲まれている。昭和46年に松川地熱発電所から引湯したことが始まりで、以来、八幡平観光への拠点として多くの行楽客が集まるようになった。特に紅葉の時期は見事な光景が広がる。
周辺には、東北屈指の規模を誇る八幡平リゾートスキー場もあり、通年でレジャーが楽しめるのも魅力。

泉質:単純硫黄泉
泉温:68度
効能:リウマチ、皮ふ病、神経痛など

問い合わせ先:松尾八幡平観光協会 0195-78-3500

八幡平リゾートホテル
八幡平リゾートホテル
料金プラン&空室を確認する

八幡平ハイツ
八幡平温泉郷 八幡平ハイツ
料金プラン&空室を確認する

森と温泉のコテージ プータロ
八幡平 森と温泉のコテージ プータロ<岩手県>
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。