温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]浅虫温泉

平安時代の終わり頃、名僧慈覚大師が奥州巡教の折、傷ついた鹿が湯浴みするのを見て発見されたと伝えられている。その名は温泉で織布の麻を蒸していたため「麻蒸」とよばれ、のちに「浅虫」になったという。

泉質:単純温泉
泉温:58.6度
効能:動脈硬化症、切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病

問い合わせ先
青森観光コンベンション協会・浅虫支部
017-752-3250

【主な宿泊施設】

ホテル秋田屋
むつ湾内の海の幸をとり入れた自慢の料理。6階展望大浴場からむ陸奥湾の景色が最高です。
浅虫温泉 ホテル秋田屋
料金プラン&空室を確認する

海扇閣
最上階の大浴場、露天風呂からの美しい浅虫海岸の夕焼けを眺めてみては?
浅虫温泉 海扇閣
料金プラン&空室を確認する

津軽藩本陣の宿 旅館柳の湯
津軽藩のお殿様が入られた頃からの木風呂「御湯殿」と新しい総ひば造り露天風呂があります。
浅虫温泉 津軽藩本陣の宿 旅館柳の湯
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

[温泉三昧]奥入瀬渓流温泉

十和田湖から流れ出す奥入瀬渓流と支流の蔦川との合流点に広がる温泉で、猿倉温泉から湯を引いている。
周囲はトチ、ブナ、ミズナラ、カエデなどの原生林が鬱蒼と茂り、豊かな自然を満喫できる。温泉地の名の通り奥入瀬渓流へのアクセスにも好適で、温泉地を起点に遊歩道も整備されている。

泉質:硫化水素泉
泉温:50〜68度
効能:神経痛、筋肉痛、リウマチなど

問い合わせ先:十和田湖温泉郷観光協会 0176-74-2527

奥入瀬渓流グランドホテル
奥入瀬渓流温泉 奥入瀬渓流グランドホテル
料金プラン&空室を確認する

奥入瀬渓流第二グランドホテル
奥入瀬渓流温泉 奥入瀬渓流第二グランドホテル
料金プラン&空室を確認する

奥入瀬グリーンホテル
奥入瀬渓流温泉 奥入瀬グリーンホテル
料金プラン&空室を確認する

十和田湖温泉ホテル
奥入瀬渓流温泉 十和田湖温泉ホテル
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

[温泉三昧]古牧温泉

昭和46年にボーリングによって地下1000mから湧出した温泉。
約4000m2もの大露天風呂、カッパ沼を中心とした渋沢公園、小川原湖民俗博物館、宿泊施設などが点在している。

泉質:単純温泉
泉温:47度
効能:神経痛、リウマチ、疲労回復など

問い合わせ先:古牧第二グランドホテル 0176-51-1111

古牧グランドホテル
古牧温泉 古牧グランドホテル
料金プラン&空室を確認する

古牧第二グランドホテル
古牧温泉 古牧第二グランドホテル
料金プラン&空室を確認する

古牧第三グランドホテル
料金プラン&空室を確認する

古牧第四グランドホテル
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。