温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]登別温泉

多種類の温泉が一日に約一万トンも湧き出していることから「温泉のデパート」と呼ばれる登別温泉。
その多彩な泉質は世界的にも珍しく、古くから多くの研究者が訪れる。
明治維新の混乱期に武蔵国出身の滝本金蔵が登別温泉で皮膚病が治り湯宿(温泉宿)を建て、私費で道路を整備したのが始まりで、明治38年(1905年)日露戦争の際に傷病兵の保養地に指定されたことから全国に名を広めた。活火山に囲まれており、周辺には毎分約3000リットルもの湧出量を誇る地獄谷やカモが時々浸かりにくることでも知られる大湯沼など、火山の脅威を間近で感じることができる。

泉質:硫黄泉、食塩泉、明ばん泉、ぼう硝泉、酸性泉、放射能泉、石膏泉、苦味泉、緑ばん泉、鉄泉、重曹泉
泉温:45〜90度
効能:高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛など

問い合わせ先:登別観光協会 0143-84-3311

登別グランドホテル
登別温泉 登別グランドホテル
料金プラン&空室を確認する

登別万世閣
登別温泉 登別万世閣
料金プラン&空室を確認する

登別石水亭
登別温泉 登別石水亭
料金プラン&空室を確認する

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 登別温泉登別温泉(のぼりべつおんせん)は、北海道胆振支庁管内登別市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉で、北海道屈指の温泉地である。江戸時代から存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてか..
Weblog: 温泉GO!GO!ガイド
Tracked: 2007-11-15 14:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。