温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]下呂温泉

飛騨川の両岸から山の中腹にかけて湯の街が広がる下呂温泉。草津温泉、有馬温泉とともに日本三名泉と呼ばれている。
約1000年の歴史を持ち、天暦年間から飛騨街道の宿場温泉として知られていた。その後、転変地異で源泉がなくなったもののある日、傷ついた白鷺に身をやつした薬師如来が新たな源泉のありかを村人に教え今日の繁栄が始まった、という「白鷺伝説」がある。

泉質:アルカリ性単純温泉
泉温:55度
効能:神経痛、運動器障害、リウマチ

問い合わせ先:下呂市観光課 0576-24-2222

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。