温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]熱海温泉

日本を代表する一大温泉郷で、伊豆最古の記録である「伊豆国風土記」に「伊豆国の神の湯」と記載があるほどの古湯。かつて海中から湯が湧きあがり海が熱くなったことから「熱海(あつうみ)」と呼ばれ、転じて「あたみ」と称されるようになったという。
明治に入り、熱海を舞台にした尾崎紅葉の「金色夜叉」が発表されると庶民の間にも一躍名が知れわたり全国から観光客が押し寄せるようになった。

泉質:塩化物泉、硫酸塩泉、単純温泉、アルカリ性単純温泉
泉温:50〜95度
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、虚弱児童、病後回復期

問い合わせ先:熱海市観光協会 0557-85-2222

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。