温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある。
地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもののどちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在する。

[温泉三昧]赤倉温泉

貞観5年(863)、慈覚大師が小国川の河原の石を杖で掘ったところ温泉が噴き出したといわれている。小国川を中心に、大型宿や昔ながらの風情を残す旅館などがある。

泉質:含芒硝石膏泉
泉温:60度
効能:リウマチ、皮ふ病、切り傷

問い合わせ先:最上町観光協会 0233-43-2233

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟県

[温泉三昧]犬吠埼温泉

本州で一番早く初日の出が見られることで有名。
温泉は海のミネラルを多く含み、肌がつるつるになる美人の湯で、どの宿でも壮大な太平洋の水平線を眺めながら湯を楽しむことができる。全国屈指の水揚げ量を誇る銚子漁港からの魚介類も、この地の魅力。

泉質:ナトリウム塩化物強塩温泉
泉温:27.3度
効能:神経痛、冷え性、疲労回復

問い合わせ先:銚子市産業振興課 0479-24-8181

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県

[温泉三昧]芦ノ湖温泉

芦ノ湖(標高723m)の東南岸に位置し、箱根園から元箱根、箱根町と一帯に広がる温泉地。
湖は約3000年前に起きた神山の水蒸気爆発によって誕生したカルデラ湖で周囲は約19km、湖畔にたくさんの「芦」が生えていたことから芦ノ湖と名づけられた。
湖面に映る「逆さ富士」が有名で昭和46年(1971年)、湯ノ花沢で採掘された火山性水蒸気を用いて温泉が造成されると、富士山の見える温泉として箱根観光の中心地となった。
井上靖の小説「結婚記念日」の舞台にもなっている。

泉質:硫黄泉
泉温:55〜85度
効能:切り傷、慢性皮膚病、冷え性、神経痛、疲労回復

問い合わせ先:箱根町観光協会 0460-5-5700

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県

[温泉三昧]浅間温泉

城下町松本の奥座敷として知られ、松本市街を一望できる高台に広がる浅間温泉。
天慶2年(939年)に地元の豪族、犬飼氏に発見されたと伝えられている。江戸時代には松本藩の御殿湯が置かれており、落ちついた雰囲気の温泉街には今も白壁や土蔵などが数多く残る。与謝野晶子、竹久夢二ら多くの文人墨客が訪れ、正岡子規、伊藤左千夫らの「アララギ派」結成の地としても知られる。

泉質:弱アルカリ単純泉
泉温:45〜50度
効能:婦人病、リューマチ、神経痛、胃腸病、外傷

問い合わせ先:浅間温泉観光協会 0263-46-1800

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | 長野県

[温泉三昧]下呂温泉

飛騨川の両岸から山の中腹にかけて湯の街が広がる下呂温泉。草津温泉、有馬温泉とともに日本三名泉と呼ばれている。
約1000年の歴史を持ち、天暦年間から飛騨街道の宿場温泉として知られていた。その後、転変地異で源泉がなくなったもののある日、傷ついた白鷺に身をやつした薬師如来が新たな源泉のありかを村人に教え今日の繁栄が始まった、という「白鷺伝説」がある。

泉質:アルカリ性単純温泉
泉温:55度
効能:神経痛、運動器障害、リウマチ

問い合わせ先:下呂市観光課 0576-24-2222

格安!1泊2食つき1,000円の宿!

posted by 温泉卵 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。